FREE SHIPPINGFREE SHIPPING ¥10,000(税抜) 以上のご購入で送料無料
 
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
No.ESB014

KAISERJP Y100 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)

¥1,000 +tax
ポイント:10pt

パッド径80φ用ウレタンバフ
主にダブルアクションポリッシャ(サンダー)と組み合わせて中間色仕上げを得意とします。コストパフォーマンスに優れたモデルです。
 
低反発素材を使用した粘りのあるウレタンフォームです。
バフ径100φ 約15mm厚 マジックテープ約2mm
 
ドイツ製低反発ウレタンフォームを使用しており、耐久性は仕上げ用超微粒子バフと比べて高い特徴がありますが、研磨面にえぐれが出てきたりコンパウンドが内部に堆積して除去できなくなってきたら交換時期になります。適宜コンパウンドや汚れを除去して使用して下さい。
水に浸けて汚れを除去しようとしたり、ブラシ状のものを直接スポンジ部に当てて清掃するとスポンジ劣化の原因になり耐久性が低下したり、抉れが発生します。エアーガンやトルネーダーを使用して清掃することでバフが長持ちします。
■ウレタンフォームバフの特別な清掃方法
U-TOOL U83Pなどの片手シングルアクションミニポリッシャーにバフを装着したままスイッチを入れて空転させ、そこに固く絞った濡れクロスを押し当てると綺麗に清掃できます。
 
KAISERJPバフはプロ専用品ですが、Y100は価格帯やスペック等を総合的に判断すると一般ユーザー、DIYでもおすすめしやすいバフになります。ただし他のウレタンフォーム同様熱が入りやすい為、集中して磨きすぎると塗面が熱による溶けを発生させる恐れがありますので、熱のかけすぎに十分ご注意ください。※特にバンパーなど
 
スペック
KAISERJP Y95 “ECONO(エコノ)” (低反発ウレタンフォームバフ)
ウレタンバフ1枚入り
パッド径:80φ
バフ径:100φ
センター孔:10φ
高さ:17mm

ABOUT THE PRODUCT
  • Feature

    ウールを多用しないヨーロッパスタイルの研磨法

    羊毛(ボア・ロングウール)を使用しないユーロスタイルの研磨方法で使用されるドイツ製ウレタンフォームを採用したバフです。コンパウンドの粒子が飛散しにくい特徴があります。
  • 最適な研磨レンジやコストによる使い分けが可能に

    2018年7月のラインナップ一新でラインナップが従来の3種類2サイズ計5モデルから、4種類2サイズ8モデルに!研磨レンジやコスト面から最適なモデルを選択できるようになりました!
  • How to Use

  • Message

    KAISERJPの低反発ウレタンフォームシリーズはルペスやRSE-Evoなどのダブルアクションと組み合わせて使用するプロ専用バフです。ウレタンの加熱や低反発バフ特有の硬さなど、バフのスペックを理解して使用すると非常に使いやすいシリーズになります。 2018年7月にラインナップを一新。ラインナップ全てのフォームをドイツ製のものに変更し、より高品質かつ研磨レンジの幅が広く深くなりました。 Y系”ECONO(エコノ)”は新設された研磨レンジで、旧S95/145(オレンジ色)と近いですがさらにソフトになっています。キレ・仕上げ性能の中間に位置し、捉え方によっては特徴のないバフと思われることもありますが、圧倒的なコストパフォーマンスが特徴であるため、頻繁にバフを使い回す・作業台数が非常に多い場合はこちらがおすすめです。